FC2ブログ

昇天白夜

野口由里子の制作・つれづれブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*インポートブティック・作品設置*

赤坂東急プラザ内にある素敵なインポートブティックKU-Uさんが、お買い上げ頂いた作品「薫風」を、
ショーウィンドーに設置して下さいました。

お見せの顔ともいえる店頭のショーウィンドーに設置して頂けるなんて、本当に嬉しいです。
とてもおしゃれで素敵なブティックですので、赤坂にお立ち寄りの際は是非*

*KU-U*

鏡の前で

ピグマリオン展2


個展に引き続き、参加致しましたピグマリオン展・人形の夢2も無事終了いたしました。
アンティークに囲まれた優美な空間で、個展の際とはまた作品が違ったように見えました。

桜恋月譚 無事終了致しました

21日月曜日、無事ヴァニラ画廊での個展を終えました。
お越しくださった皆様、誠にありがとう御座いました。

一点一点作品をじっくりと見て下さる方がとても多く、とても嬉しかったです。
お花や差し入れなど、本当にありがとう御座います。


お越しいただいた方にはお話したのですが、在学時よりも作業ペースが上がり、今回の個展には前回よりもずっと多くの作品を出品することが出来ました。
どうも一人で閉じこもり、黙々と作業をすることが性に合っているようです(笑)
(在学時に学友たちの中で制作したのもとても良い思い出なのですが…(笑)

作品も着彩をし始めたこともあり、前回の個展にお越しくださった方や、友人たちからは、作風の変化にともなうご感想を多くいただきました。

中でも文芸の教授から頂いた「前までは挑みかかってくるような、一歩手前で踏みとどまっているような作品だったが、今回の物は、妖と共にその世界で恍惚としている」というものや、男性の方の「男は妖と戦ってしまうが、女性はためらいなく戯れることができる」とのご感想がとても印象に残りました。

そしてツイッターでも、「ただの幻想ではなく、例えばビルとビルの狭間から、するりと見てはいけないものが入り込んでくるような感覚」という、私が作品制作をしている中で、とても重きを置いている感覚を言い表したご感想を頂き、その感覚を観た方に受け取って頂けたことを大変嬉しく思いました。

リピーターの方々からは、何度見ても飽きがこない、角度でいくらでも表情が変わるとのお言葉を頂き、
とても嬉しく思いました。
角度によって表情が変わるように見て頂けるのは、立体作品だからこそ感じて頂ける楽しみかと思います。

そして嬉しいことに、数点の作品のお譲り先が決まりました。誠に有難う御座います。
お譲り先の方々の暮らしの中で、ふ…、と、なにか異世界のそよ風を作品が吹かせることができますよう…。


会場の様子や新作たちも、後程サイトにUPしていきます。

早速ですが、11月に開催されるピグマリオン展に、今回の個展にも出展しておりましたDMにも使用した作品「憂桜香」と、サイトトップページの「追想華」を出品致します。

ピグマリオン展は、由緒あるアンティークに囲まれた空間の中で、
講師の方々と在籍されている生徒さん方の力作が揃う、とても見ごたえのあるものとなっております。

お近くにお越しの方は、ぜひ足をお運び下さい。

無事初日を迎えました

本日、無事に初日を迎えることが出来ました*
土曜日ということもあり、とても多くの方にお越し頂きました。

展示会場の様子も、少しづつですがアップしていければ、と思います。
残りの展示期間も、どうぞよろしくお願い致します*
*CommentList

明日からです

本日無事に搬入、設置を終えました。
雰囲気のある空間に仕上がったと思いますので、銀座にお越しの際は是非ご高覧下さいませ*

明日は12時~5時まで、13日(日)はお休みで、14日の体育の日は12時~5時まで開いております。
移転した新しいヴァニラ画廊は、博品館を目印にお越し下さると分かりやすいかと思います。

作品と共にお待ちしております。

左サイドMenu

プロフィール

野口由里子

Author:野口由里子
人形を作っています。

自分の美意識を反映させる創作人形に、日本古来の人形特有の自然への畏怖の観念や、生と死の境界線の曖昧さなどを表現できれば、と思っています。

https://twitter.com/yurikoNmoz

【【当ブログ内の画像の無断使用・転載を禁止します】】

最新記事

最新トラックバック

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。